床暖房の魅力と近頃では床暖房の賃貸住宅は大変人気が高い事に驚いています。

快適に住むために必要な収納量とは
快適に住むために必要な収納量とは

床暖房のある暮らし

床を加温し温める暖房方法を床暖房と言います。
我が家のリビングも床暖房になっていて寒い冬場は冷たいフローリングも暖かくとても快適で心まで暖かくなる様に思える時もあります。
その床暖房は近頃大変人気のようです。
その床暖房の魅力について考えてみると多くの家庭では冬場の暖房器具と言えばストーブやファンヒーター炬燵に電気カーペーとが主流ですが季節ごとの出し入れが大変面倒に感じる物です。
床と一体化した床暖房は出し入れの必要が全く必要なく収納スペースを確保する必要もなく更に掃除の必要もなく大変便利である事がまず挙げられます。
特に収納の少ない賃貸アパートなどでは狭い収納スペースの大半を暖房器具に占領される事無く少ない収納スペースを有効に活用できる事になります。
次に考えられるのはストーブやファンヒーターなどの燃焼系の暖房器具はどうしても一酸化酸素を発生するので換気の必要があり小さな子供さんのいる家庭では倒れたり、やけどの危険があるのですが床暖房は一酸化酸素を発生する事も無く倒れる心配ややけどの心配も全くなく安心です。
そしてエアコンなどの対流式暖房と違ってほこりを毎あげる事も無く部屋の空気を清潔の保つ事ができるのです。
「安心・安全・清潔」と見事に三拍子揃った暖房器具で体を芯から温めるので「頭寒足熱」と呼ばれる理想的な環境を作り上げるので健康に非常に良いと言われています。
実際の我が家の床暖房も音も静かで足元がぽかぽかして体の芯が温まり冷え性の私でもぐっすり眠る事が出来るようになりました。
お年寄りの家庭にも安全で安心で床暖房さえあれば他の暖房器具は必要ないかも知れません。
そんな魅力一杯の床暖房ですが私には一つだけ悩みがあります。
我が家の場合はガスの床暖房なのですが冬場はガス代が高く家計に響きます。
オール電化やエコキュートなどにすれば随分と光熱費も安く付くようですが…悩んでいる最中です。
賃貸住宅でも床暖房の設置されている物件は人気が高いようでインターネットで検索すると驚く程多くの物件が出てきて驚きました。
床暖房付きだと家賃も結構高いと思っていたらそうでもない事にも驚きました。
賃貸住宅には床暖房なんて付いているはずがないと何故か私は思っていたのです。
将来的には床暖房は賃貸住宅でも「ついていて当たり前」の時代になるのかも知れません。
夏場は床を冷やせるようになるといいのですが、冬は温め夏は冷やす事の出来る様な技術が開発されるといいなと思うのですがどうでしょうか。

おすすめ情報