エアコン付きの賃貸住宅はお得だと思っていましたが一概にはそうだとは言えないと気が付きました。

快適に住むために必要な収納量とは
快適に住むために必要な収納量とは

エアコン付きの部屋

賃貸住宅に住むのならば絶対のエアコン付きの部屋が良いと私はずっと思っていました。
友達が賃貸アパートの引っ越した時も「エアコン付いてないの?」と真っ先に聞いた程私はエアコンにこだわっているのかもしれません。
日本の夏は年々異常なほど高温でエアコンが無くては夜も眠る事が出来ない日々が続きます。
昔にはエアコンは贅沢品だと思われた時代もありましたが現代ではエアコンのない生活は考えられなく熱中症の予防や健康を維持する為にも夏場の冷房はある程度必要です。
エアコンは現代人にとっては生活必需品です。
そんな事を思いながら賃貸住宅の広告を眺めているとやけに「エアコン付き」と言う文字が目に止まります。
どうせなら最初からエアコンが付いていた方が良いに決まっています。
エアコンを購入する費用や取りつけの工事費も不要で退居する際にも取り外しの費用が発生するから私にはとても無駄なように感じています。
そして「エアコン付き」の賃貸住宅は大変お得で魅力的に感じていました。
ですが一概にはお得だとは言えないようです。
「エアコン付き」と大々的にうたってあっても大抵は1部屋だけの場合が多いようで2部屋以上の部屋ではリビングのエアコンがあっても寝室にはエアコンが無く自分で設置するしかないのですが壁に穴をあける事になるので大家さんの了解を得なければならないし退居する際には無償で置いておくか取り外さなければなりません。
取り外す場合には当然ですが費用が発生し何だか勿体ないように感じます。
「エアコン付き」の広告を見て何故か私は新品とは言えませんが調子が良く猛暑が続く夏場でも快適に過ごせる事の出来るエアコンが設置されていると思っていたのですが実は結構老朽化したエアコンが設置されている場合も多いようです。
電化製品の寿命は約10年だと言われていますが10年以上経過したエアコンが堂々と「エアコン付き」賃貸住宅として宣伝されています。
契約時には設備消耗品の取り替えは借主となっていても修理の場合の規定はない場合が多いそうです。
管理会社に連絡してもラチが開かずイライラする日々を過ごす事も多いと聞きます。
自分の持ち物であれば買い換えたり好きなように出来るのですが借りた部屋の備品だからどうしようもありません。
だからと言ってすぐに新品に取り換えて貰えるとおもったら大間違いです。
「エアコン付き」と書いてあっても実際はこんな物かもしれません。
それならばもっと家賃が安い賃貸住宅で費用はかかっても自分でエアコンを設置した方が言いかも知れません。
エアコン付きの賃貸物件はエアコンの購入年月日を予め確認した方が良いかと思います。

おすすめ情報